資本金とは?わかりやすく説明すると…


Untitled34会社を設立するときに必要な資本金ですが、資本金って何?と聞かれると答えに戸惑う方も多いと思います。

企業のホームページなどで資本金が開示されていますが、金額は会社によってまちまちですよね。

会社を立ち上げる予定の方は資本金の知識はマストです。

今回は資本金とは一体?資本金についてのあれこれをわかりやすく紹介していきます!

スポンサーリンク

資本金とは?わかりやすく教えて!!

資本金とは会社が事業をはじめるときに保有している運転資金のことです。

資本金の集め方は様々ですがスタートアップの段階では自分で貯めたお金や、投資家などに出資してもらうケースが多いようです。

そのようにして集められた資本金は人を雇ったり、資材を購入したりと会社の運営に必要なものに使われていきます。

資本金は使ってはいけないというイメージがありますが、資本金は会社の元手になるお金です。

会社を営むために集めたお金なので、資本金を使って事業を動かしていくというのが本来のあり方のようです。

資本金は最低いくらから必要?

資本金として集めるお金はいくらでも構いません。

資本金は最低1円以上あれば、会社は設立することができます。

しかし株式会社を設立するには、設立登記をする必要があるため約30万円ほど必要になります。

資本金1円でも会社をはじめることはできますが、実質それ以上のお金がかかるので現実的に1円で事業を興すことはできません。

また、資本金は多ければ多いほど良いという訳でもなく、資本金の額に比例して税額も上がっていきます。

会社をはじめる際は税理士さんによく相談をして資本金額を決定すると良いでしょう。

スポンサーリンク

株式会社の資本金は1000万円必要?

今現在の会社法では、株式会社の資本金は1000万も必要ありません。

株式会社の資本金は1円からOKです。

2006年以前は最低資本金制度があり、株式会社は1000万円、有限会社は300万円必要でした。

しかし今現在はその制度は撤廃されているため、会社を立ち上げるのにお金の制限はなくなりました。

さいごに

資本金は会社を運営するための費用であり、資本金は1円以上から会社を作ることができます。

資本金額によって税率が変わるので、会社を立ち上げる際はその点も留意して資本金を用意しましょう。

この記事がみなさんのお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

    資本金とは?わかりやすく説明すると…

このページの先頭へ