株はいくらから始められるの?


0097
株式投資をはじめたいけど、株はいくらから始められるのでしょうか。

株式投資初心者の方へ向けて株は最低いくらお金があれば買えるのか調べてみました!

今回は株はいくらから始められるのかについての記事です!!

スポンサーリンク

株を買うために必要な金額は?

株を買うために必要な金額は、株価×単元数で計算します。

つまり買いたい企業の株価(一株○○円)に株数(何株買うか)を掛け合わせると、支払うべき金額が出ます。

企業の株価はそれぞれの企業価値によって異なり、また購入するタイミングによっても異なります。

株価は、各証券会社のサイトやヤフーファイナンスなどで調べることができます。

単元数については、各企業ごとに最低単元数(最低購入数)が決まっています。

つまり株価1000円の株の最低単元数が100株であった場合、100,000円必要になります。

株はいくらから始められるの?

株は数千円くらいから購入することができます。

万単位でお金を出さなくても、探せば数千円単位の株はいくつもあります。

しかし、小額で株を買う際に注意することが一点あります。それは手数料です。

株の売買には、株の代金のほかに証券会社に取引手数料を支払う必要があります。

あまりにも小額で購入すると、儲けが出ても手数料でマイナスになってしまう可能性もあります。

そのため株を小額で購入する際は手数料のことも加味して取引を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

取引手数料を低く抑えるには?

株の取引手数料は、各証券会社によって異なります。

しかし対面証券とネット証券を比べると、圧倒的にネット証券の方が手数料を低く抑えることができます。

対面証券は、証券会社の営業マンの方と話し合いながらどの銘柄を購入していくか決めていく取引方法です。

そしてネット証券は、自分で情報を集めネットを使って自分で売買していく取引方法になります。

対面証券の手数料は、ネット証券の数倍から数十倍と言われています。

両者ともメリットデメリットがありますが、取引手数料だけを考えたらネット証券の方がお得になります。

さいごに

株式投資の勉強として最初は小額からはじめると良いでしょう。

小額なので、儲けも少ないですがリスクも少ないです。

初心者の場合、小額投資で徐々に株への理解を深めていき、だんだん投資額を上げていくことをオススメします。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てたなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    株はいくらから始められるの?

このページの先頭へ