投資信託とは?簡単に説明すると…


Untitled888872
投信またはファンドとも呼ばれる投資信託。

でも実際どのように資金が運用されるのでしょうか。

投資信託という投資方法を知っていても、その実体を知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は簡単にわかりやすく投資信託について説明していきます。

スポンサーリンク

投資信託について簡単に説明すると…

投資信託という字のごとく、信用する投資のプロに自分の資産を預けて運用してもらう投資方法です。

つまり自分が持っているお金を証券会社や銀行などのプロに預けて自分の代わりに運用してもらいます。

そしてそこで得た利益を自分が出資した額に応じて配当してもらうという仕組みになります。

運用のプロたちは、多くの人たちから集めたお金をひとまとめにして株式や債券に投資していきますが、いつも利益が出るとは限りません。

そのため投資したお金が減ってしまう可能性もあります。

銀行に預けておいても、お金は減りませんが増えもしません。一方で投資信託は預けておくと減る可能性もありますが増える可能性もあります。

投資信託はリスクを伴いますが、お金を増やす一つの手段ではあります。

投資信託はいくらから始められるの?

投資信託は1万円からはじめることができます。

株ではある程度まとまった金額が必要となりますが、投資信託は1万円から始めることができるので投資初心者でもはじめやすい投資方法になります。

購入の際には投資をするお金に加えて手数料や税金を支払う必要があります。手数料は各証券会社、銀行によって異なりますので取引を行う前にしっかり確認しておきましょう。

投資信託のメリットとデメリット

【メリット】

・小額でもはじめられる
一万円から運用ができるので、投資初心者でも参入しやすい

・プロに運用を任せられる
投資についての知識がない人でもプロが代わりに運用してくれる

・分散して投資ができる
複数の銘柄に資金を分けて投資できるので、値下がりのリスクを抑えることができる

・いろんな金融商品を買うことができる
個人では投資しにくいような国や地域の商品にも投資をすることができる

【デメリット】

・手数料がかかる
販売手数料と信託報酬がかかる

・元本が割れるリスクがある
運用成績が落ちた場合、資金が減る可能性がある

さいごに

投資信託は初心者でもはじめやすい投資方法ですが、投資したお金が減ってしまう可能性があります。

そのため預けたお金が万が一減っても、生活に支障が出ない金額ではじめることをオススメします。

退職金などで投資をはじめる場合も、すぐに飛びつかずにしっかり投資について学んでからはじめると良いかもしれませんね^^

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    投資信託とは?簡単に説明すると…

このページの先頭へ