オフショア口座とは?【オフショア口座についてわかりやすくまとめてみました】


www9

香港やシンガポールなどを中心として、海外に口座を持つ人が増えてきています。

海外の口座について調べていくと『オフショア口座』というワードが引っかかってくるかと思います。

そこで今回は、オフショア口座とは?オフショア口座についてわかりやすく紹介していきます!

スポンサーリンク

オフショア口座とは?

オフショアとは、オフ(off/離れる)とショア(shore/沖)を掛け合わせた言葉であり、つまり国外を意味します。

オフショア口座を広い意味で捉えると、”海外にある銀行の口座”を指すことになります。

そして狭い意味で捉えると、オフショア地域(租税回避地)と呼ばれている税制上優遇された金融特別区にある銀行の口座を指します。

オフショア地域はタックスヘイブン(Tax Haven)とも言われており、イギリスのマン島やカリブ海のケイマン諸島が有名です。

日本から一番近い地域だと、香港やシンガポール、ラブアン島などがオフショア地域にあたります。

オフショア口座を持つメリットとは

・資産を分散することができる
日本の銀行も絶対潰れないとは言えません。資産を分散して保有することで、リスクヘッジを行うことができます。

・世界中から資産にアクセスできる
世界のどこの国からもATMでお金を引き出すことができます。(もちろん日本国内でも入出金可能です。)

・高い利率を受けることができる
日本国内の銀行よりも高い利率を受けることができます。(利率は国や銀行によってまちまちです。)

・海外の金融資産を購入できる
オフショア口座を作ることで日本では購入することのできない金融資産を買うことができます。

スポンサーリンク

オフショア口座のデメリット

・管理手数料がかかる
ほとんどの銀行は、規定の残高があれば管理手数料は無料とされています。しかしその規定額を下回ると手数料が発生するので注意が必要です。

・英語が必須
口座に関して何かトラブルがあれば、英語でやりとりをする必要があります。

・口座が凍結されることもある
口座を開設後、全く資金を動かさず数年経過すると、口座が凍結される可能性もあります。その場合の凍結解除は、現地に出向き処理を行うことになります。

・現地の政治情勢に左右される
日本の銀行に保有していても同じことが言えますが、政治情勢が安定していない国の場合、突然資産がゼロになる可能性も否めません。オフショア口座にはペイオフが適応されないことは念頭に入れておきましょう。

※ペイオフとは 銀行が倒産しても一定額(日本の場合1銀行1000万まで)の資産が保障される仕組み

さいごに

近年オフショア口座を作りに、香港などに出向く人たちが増えています。

英語の壁さえ突破すれば、さほど大きなデメリットはないように思われます。

これからオフショア口座を作りに行きたいという方は、まずは一つ作ってみましょう。

管理人のアーモンドもオフショア口座を作りに行ってこようと思います。

この記事がみなさんのお役に立てたなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

    オフショア口座とは?【オフショア口座についてわかりやすくまとめてみました】

このページの先頭へ