車は会社の節税になる?税金対策に車を購入する際のポイント


Untitled3181
会社の節税対策について勉強していくと、車が節税の一つになるということを知ると思います。

車は高い買い物ですので、経費にできたらかなり嬉しいですよね。

しかし車の買い方によって会計上の経費の出し方は異なるようです。

そこで今回は車の購入は会社の節税になる?税金対策として車を買う時のポイントについて紹介します!

スポンサーリンク

車の購入は会社の節税になるの?

車を購入した場合、経費として計上できるため購入金額分を節税することができます。

しかし車は数年にわたって使用するもののため、減価償却という方法で経費に計上されていきます。

つまり使用期間(耐用期間)を通して経費化していくものなのです。

車の耐用期間は6年と定められています。そのため600万円の新車を購入した場合、一年に100万円づつ経費(定額法の支払い方のケース)にしていき6年後に全て経費として落ちることになります。

しかし中古で車を購入した場合は、その車の経過年数(型落ち年数)を耐用年数から差し引くことができるので、より短い期間で車を経費として全て計上できるのです。

例えば4年落ちの中古ベンツを600万円で購入した場合、耐用年数は1年になります。つまり1年で600万円を経費にできるのです。

新車でも中古車でも経費にすることは可能ですが、中古の方がより短い期間で経費として算出できるのです。

そのため利益が出てる会社や急に業績が上がり当面の利益を減らしたい会社に向いている節税方法になります。

スポンサーリンク

節税として車を購入するときのポイント

車を税金対策として購入する場合は、新車よりも中古車が良いということはおわかりいただけたかと思います。

しかし他にも会社の社長さんたちが行っているお得な車購入のポイントについて紹介していきます!

・高級外車を買う
高級外車は日本車と比べて車の市場価値が下がりにくいため、会社の資金繰りに困ったときなどに高値で売却することができます。

節税としてだけではなく、いざという時の資産にもなるため社長たちは高級外車を選んでいるのです。

・アウディを選ぶ
アウディはベンツやBMWと比べ流通量が圧倒的に少ないため、中古価格が安定しているようです。

つまり売却時の価格が極端に下がることが少ないということです。

・新車を買うメリットも考慮する
中古車を買ったことで修理代を支払う必要がある場合、新車を長く大切に使用した方がトータルの経費が安くなることがあります。

せっかく中古で安く買っても修理代がかかってしまったら本末転倒です。短い期間で乗り潰す方や頻繁に車を乗り換える方は中古の方が良いでしょう。

・会社の決算に合わせて購入する
今期の予想決算が大幅な利益を見込める場合はすぐに購入しましょう。

決算末期になると減価償却費が月割りになるため、計上できる経費が少なくなってしまうので注意が必要です。

さいごに

車を購入する際も賢く選ぶことで大きな節税に繋がります。

ちょっとの差が大きな差になりますので、購入する前に入念に検討していきしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    車は会社の節税になる?税金対策に車を購入する際のポイント

このページの先頭へ