THEOの評判や口コミが少ないので実際にやってみた【お金のデザイン】


new

ロボアドバイザーによって資産運用ができると話題のTHEO(テオ)。

やってみたいけど、大事なお金を預ける訳だし…評判や口コミを参考に検討したいなと思っている方も多いことでしょう。

しかし!実際に利用している方たちの口コミが少ない(涙)

ということで今回、アーモンドはTHEOでの資産運用をはじめましたー!

スポンサーリンク

そもそもTHEOテオとは?

いくつかの質問(年齢は?資産運用の経験は?など)に答えていく

その人に合った資産運用のポートフォリオが完成

お金を振り込む(10万円〜始められる)

ポートフォリオに従い、投資運用を行ってくれる

投資先は90カ国、62通貨、約1万1000銘柄。これらを含む6000本のETF(上場投資信託)の中から、その人に合ったものを35〜45本組み合わせて運用される。

このようなグローバル分散投資による資産運用は機関投資家や富裕層など潤沢な資産がなければ行えないものでしたが、THEOは広く一般の人達にもグローバル分散投資を可能にしたシステムのようです。

運用に関わる手数料は、投資一任報酬の1%(年率)のみ。売買手数料や為替手数料などは一切かかりません。

THEOのホームページはこちら→https://theo.blue

THEOでの運用状況

早速、アーモンドはTHEOで運用をはじめてみました!

診断の結果、アーモンドのポートフォリオは【配当・利息重視】の運用になりました。

グロース・インカム・インフレヘッジの割合は適宜変更できるようですが、とりあえずしばらくはこのままで様子を見たいと思います。

01

主にアジア・オセアニア圏といった、発展が目覚ましい区域に集中していることがわかります。

02

ここからはアーモンドのポートフォリオに沿った具体的な投資先になります。

まんべんなく資産が分散されているのがわかります。

03

右下のものは、保有候補銘柄です。

候補ということですから、投資先として検討している銘柄ということでしょうか。(いまいちわかってないw)

04

スポンサーリンク

投資初心者アーモンドの感想

000

THEOは、投資初心者にとっては始めるのがとても簡単!という印象を受けました。

いつでもTHEOのサイトにログインすれば、自分の資産の流れがわかる

手数料が、年率1%の投資一任報酬のみという明瞭さは良い!

何にどう投資すれば良いか全くわからない初心者でもすぐに投資が始められる

以上の理由で、アーモンドの資産運用の一つの方法として採用することにしました。

THEO一本だけだと不安ですので、数ある投資法の一つとして引き続き保有していこうと考えています。

『投資信託に申し込みたくとも、どこの証券会社が良いかわからない!』というように、証券会社選びから前に進めていない人にもTHEOはオススメです。

アーモンドも実はそんな人?猫?の一匹です。

貯金はあるけど、投資は一切していない!そんなあなたに勧めたい投資法かな〜と思います。

短期的な上下に怯えてしまう人には不向きです。10年、20年と長いスパンで見て、じ〜っとお金が育っていくのを見届けるスタンスで挑むと良いかと思います。

アーモンドもTHEOを足がかりに、どんどん投資活動を積極的に行っていきます。

この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

4 Responses to “THEOの評判や口コミが少ないので実際にやってみた【お金のデザイン】”

  1. 興味シンシン より:

    その後のパフォーマンスはどうですか?銘柄はどれくらいが入れ替わるのでしょう。

    • almond より:

      興味シンシンさん、コメントありがとうございます。

      その後のパフォーマンスについて、こちらの記事にまとめてみました!

      銘柄の変動などについても合わせて紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

  2. かす より:

    電話に出る森山って男は話にならない
    あんなの電話に出させてるなんてここはだめだね

    むしろ不安になった

    未来はない

    • almond より:

      かすさん、こんにちは。

      わたしはお金のデザインにコンタクトを取ったことはありませんが、カスタマーサービスが行き届いていないところって結構ありますよね〜;^^

      かすさんのおっしゃる通り、お客さまへの対応で企業の質を計れる側面もありますよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

    THEOの評判や口コミが少ないので実際にやってみた【お金のデザイン】

このページの先頭へ