株とは?簡単に説明すると….


8761

株の仕組みは、いまいち大人でも理解していない人も多いのではないでしょうか。

投資として株を始めたいけど、そもそも株ってなに?という方へ簡単に説明をしていきます。

今回のテーマは“株とは何?株について簡単にわかりやすく紹介するよー”です。

スポンサーリンク

株とは何?簡単に説明すると…

株とは会社がお金を集めるために発行しているオーナーになる権利のことです。

会社は銀行からお金を借りることもできますが、お金を借りる一つの手段として”オーナーになる権利(株)”を売ります。

そして株の取引は以下の流れで行われます。

【株の取引の流れ】

会社は事業を拡大するためにお金が必要になる

会社は「会社のオーナーになる権利いりませんかー?」と、オーナーになる権利(株)を売る

投資家「ほしー!ほしー!◯◯円出すよー!」と、その権利を投資家は買う(売買成立)

会社はお金が入ってハッピー^^そして事業を大きくして利益を上げていく

会社は投資家へお金をくれたお礼に利益を分けてあげる

投資家は利益が入ってハッピー^^

つまり、株を投資家に売ることで企業は事業を拡大することができるため、その企業の商品やサービスによって世界がより快適なものになります。

そして社会に貢献した企業は利益を得ることで、従業員の生活を守り、投資家へお礼のお金を渡すことができます。

投資家から流れてきたお金で、企業と世界と従業員と投資家すべてがWin-Winの関係になるのです。

スポンサーリンク

投資家のメリット・デメリット

投資家は、企業から”オーナーになる権利(株)”を買った後、保有することもできますが、他の人へ売ることもできます。

投資家たちは株を売ったり買ったりする過程で利益を増やしていくのです。もちろん株式投資にはデメリットもあります。

続いて、投資家が得られるメリットとそれに付随するデメリットをより具体的に紹介していきます!

【投資家のメリット】
・企業が出した利益から、お礼にいくらか貰うことができる(配当金)

・お食事券や自社製品などが貰える(株主優待)

・株を売ったときに、買ったときよりも株の価値が上がっていたらその差利益を得ることができる

・株の保有数が多くなると、企業の運営に対し意見することができる(株主総会への参加)

【投資家のデメリット】
・株を買ったときよりも売るときに株の価値が下がっていたら損をしてしまう

・他の人に譲渡したくとも、買ってくれる人がいなければ売ることができない

・企業が倒産してしまったら、株券はただの紙くずになってしまう

さいごに

株の仕組みについてみなさんが簡単に理解できるよう紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

株についてはこれからも記事を増やしていく予定ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

    株とは?簡単に説明すると….

このページの先頭へ