年収とは残業代を含む金額ですか?【年収の定義について】


f

社会人になると年収を聞かれる機会が増えてくるかと思います。

しかし年収はどうやって計算するのか、残業代なども含むのか、計算方法があいまいな方も多いことでしょう。

そこで今回は『年収に残業代は含まれるのか』年収の定義と共に説明していきます。

スポンサーリンク

年収とは残業代を含む金額なのか?

年収は残業代を含みます。

残業代のほかにも役職手当などもすべて含まれます。

年収は1年間のうちに会社から支給された報酬の総合計になります。

そのため残業代や特別ボーナスなど会社から与えられたものはすべて年収に含まれます。

そもそも年収とは?

tedori

年収とは1年間に会社から与えられたお給料の合計額のことです。

また、年収は税金や社会保険などが差し引かれる前の金額であることもポイントになります。

会社から支給された給与のうち振込などで実際に手元に入る金額は”手取り”であり、税金などが差し引かれた後のものになります。

つまり年収=1年分の手取り+(税金や社保など)という計算式が成り立ちます。

1年分の手取り=年収ではないので注意が必要です。

スポンサーリンク

自身の年収を知るには?

源泉徴収票をみる

毎年12月〜1月末の間に会社から配布される源泉徴収票を確認しましょう。

源泉徴収票の”支払金額”の欄が年収にあたりますので、そちらをチェックしましょう。

源泉徴収票の見方についてはこちらの記事にて詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

所得証明書を取りに行く

役所にて所得証明書を発行してもらうことで、年収を把握する方法もあります。

所得証明書の”給与所得”の欄が、年収にあたります。

ちなみに所得証明書は1月1日時点で住民登録をしている市区町村にある役所のみ発行を受け付けてもらえます。

さいごに

年収は残業代などの手当をすべて含んだ金額の合計額になります。

また、税金や社保なども含んだ金額になりますので、実際に手元に入る”手取り”と意味を間違わないよう注意が必要です。

年収は自身で計算することが難しいため、源泉徴収票や所得証明書を見る方法が確実です。

ちなみに会社からもらえるのが源泉徴収票、自身で役所に出向いて発行してもらうのが所得証明書です。

この記事がみなさんの『知りたかった!』という気持ちに応えることができたのなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    年収とは残業代を含む金額ですか?【年収の定義について】

このページの先頭へ