1000円や2000円の収入印紙はコンビニで置いてない!?


9891

1000円や2000円など高額な収入印紙が急に必要になる時がありますよね。

そしてすぐに手に入れようと思い当たるのはコンビニです。

しかしコンビニで高額の収入印紙は取り扱っているのでしょうか。

今回は1000円や2000円など高額な収入印紙はコンビニで取り扱っているのか調べてみました。

スポンサーリンク

1000円や2000円などの収入印紙はコンビニで買える?

コンビニでは200円などの小額の収入印紙しか取り扱っていないところが多いようです。

そのため1000円や2000円といった数千、数万円単位の収入印紙は、郵便局や法務局で購入することができます。

土日祝日に購入したい場合は、土日祝日も窓口が開いている郵便局の支店に足を運ばれると良いでしょう。

印紙を取り扱っている支店は郵便局のホームページで確認することができます。

検索の方法はこちらの記事で紹介していますので、合わせて参照ください。

収入印紙の種類の一覧

販売されている収入印紙の種類は以下の31種類になります。

・1円〜10円
1円、2円、5円、10円

・20円〜100円
20円、30円、40円、50円、60円、80円、100円

・120円〜1千円
120円、200円、300円、400円、500円、600円、1,000円

・2千円〜1万円
2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、6,000円、8,000円、10,000円

・2万円〜10万円
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、100,000円

スポンサーリンク

200円の収入印紙×5枚と1000円の収入印紙は同じ?

1000円分の収入印紙が欲しい場合、2通りの購入方法があります。

・1000円の収入印紙を1枚

・200円の収入印紙を5枚

収入印紙は切手と同様に扱うことができるので、200円の収入印紙を5枚貼っても1000円のと同じ効力があります。

しかし、見栄えの問題から1000円のを一枚貼った方が好ましいとされています。

ビジネスマナーとしても、1000円のを一枚貼った方が相手に良い印象を与えることができます。

収入印紙は交換できる?

郵便局へ行けば、200円の収入印紙5枚を1000円の収入印紙に交換することが可能です。

しかし、交換の際に収入印紙1枚につき5円の手数料がかかります。

見栄えを整える意味でも、高額の収入印紙が必要な時はなるべく大きい単位の収入印紙を使用するようにしましょう。

さいごに

高額の収入印紙が必要になった場合は、郵便局へ買いに行くのが賢明です。

領収書に必要な収入印紙の金額一覧はこちらの記事にて紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

収入印紙は身近にあるものですが、いざ買いに行こうとするとどこで売っているかなどわからない点が出てくるツワモノです。

もしこの記事がみなさんのお役に立つことができたのなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    1000円や2000円の収入印紙はコンビニで置いてない!?

このページの先頭へ