エンジェル投資家とは?エンジェル投資家の意味について


09012
起業ブームも相まってエンジェル投資家という言葉を耳にする機会が増えましたね。

エンジェルなので、天使のような投資家って意味かな?と天使のような優しいイメージが出てくる人もいるかと思います。

しかしエンジェル投資家がどのような役割を果たす投資家なのか、いまいちよくわかりませんよね。

そこで今回はエンジェル投資家とはどのような投資家なのか調べてみました。

スポンサーリンク

エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家(ビジネスエンジェル)とは、創業したばかりのベンチャー企業や無名の起業家に投資支援を行いその会社の発展に貢献する個人投資家のことです。

事業資金が不足していると事業の拡大が困難になります。エンジェル投資家が資金を援助することでその会社をサポートしていきます。

そしてエンジェル投資家はお礼として株式や転換社債を受け取るのが一般的です。

エンジェル投資家になる人たちは引退した起業家や経営者が多く、投資目的というよりも次世代の起業家を育てたいという気持ちから始める方が多いようです。

資金の提供はもちろん、経営のアドバイスや有力者の紹介などあらゆる面で会社をサポートする方もいるようです。

エンジェル投資家から投資支援を受けるメリット

立ち上げたばかりの会社は、社会的信用がないケースが多いです。

そのため銀行などの金融機関から融資を受けるのは困難だと言えるでしょう。

しかしエンジェル投資家に資金援助をお願いすることで、早い段階から資金調達を行えるというメリットがあります。

また、融資と違い定期的に返済していくものではありません。収益に対する配当という形でお礼を行います。

事業が失敗した場合はエンジェル投資家と資金保証などについて話し合いになりますが、失敗したときのリスクは銀行からの融資よりも低いと言えます。

スポンサーリンク

エンジェル投資家から投資支援を受けるデメリット

エンジェル投資家は、会社の支援はもちろんですが投資したお金が大きくなって返ってくることを期待しています。

そのため投資した会社が利益を出せるよう投資家自身も会社の経営に参加したり、株の譲渡や売買について条件を提示されるケースもあります。

つまり企業側としては自身が立ち上げた会社にも関わらず投資家から口を出されてしまい、思い通りに事業を展開できなくなるということです。

エンジェル起業家の方たちも色々なので、資金だけではなく自身が求める投資家を探すことも大切かもしれません。

さいごに

日本ではエンジェル投資家からの資金提供よりも銀行で融資を受ける方が一般的かもしれません。

しかし複数の資金調達の方法があることで、会社は多様に展開することが可能になります。

日本でもエンジェル投資家が増えてくると嬉しいですね^^

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    エンジェル投資家とは?エンジェル投資家の意味について

このページの先頭へ