年収1000万の生活は苦しい?年収1000万の生活レベルについて。


09018

年収1000万円稼ぐことを誰しも一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。

そして今現在も1000万目指して頑張っている人もいるかと思います。

しかし年収1000万円の生活レベルはどの位なのでしょうか。

今回は年収1000万円の生活は実は苦しいのかどうか調べてみました!

スポンサーリンク

年収1000万円の生活は苦しい!?

年収1000万の人たちの手取り額はおよそ650〜720万円になります。

つまり月収に換算すると54〜60万円になります。

年収1000万円の人たちの家賃相場は15〜20万円なので、だいたい40万円前後残る計算になります。

そこから飲み代や生活費を払っていくため、平均的な生活よりも少し裕福であるレベルになります。

そのため海外旅行へ年に何度も行き、フェラーリなどを乗り回すようなイメージとは少々程遠いようです。

しかし年収が1000万円を超えた人は一見ハードワークに見えますが、実はそうではないというのが現状です。

職種や環境にもよりますが、1000万円以下の人と仕事量に関してはさほど違いはないようです。

年収1000万円の人たちは見栄を張りがち!?

年収1000万円稼いでいる人たちは、それ以下の年収の人たちに比べ、お金持ちになることへの憧れが強い傾向にあります。

そのため住む場所や生活品、娯楽なども質の良いものを求めがちです。

少し裕福になったから大丈夫であろうという気の緩みから、どんどんお金を浪費してしまうのです。

年収1000万円クラスでは、都心のタワーマンションや高級外車などをローンで購入するとすぐに首が絞まってしまいます。

それに加えウォーターサーバーや高級家電などを購入していけば、益々出費が増えていきます。

つまり年収1000万円あたりになると浪費に拍車がかかるため、年収1000万円稼いでいてもお金にゆとりがある生活をしている人は少ないということです。

スポンサーリンク

年収1000万円の生活レベルと家族構成

独身の人で年収1000万円であれば、都心でもそこそこ豊かな暮らしができ、趣味や娯楽などにも十分お金を注ぐことができるでしょう。

しかし奥さんや子供がいる場合は、年収1000万円の生活では少々不足を感じるようです。

子供が1人ならまだしも3人以上いると、さらに家計を圧迫するためギリギリ生活できるレベルとなります。

子供は生まれてから大学を卒業するまでに教育費だけで一人あたり1000万〜2000万円かかると言われています。

それに加え、食費や雑費、お稽古代なども重なっていきますので、月54〜60万円では精一杯となってしまいます。

そのため自分の年収で奥さんを養えるのか、子供は何人まで養えるのかをしっかり考慮した上で、人生設計を築いていきましょう。

さいごに

年収1000万円という目標を達成すると、財布の紐が緩くなり浪費に走ってしまうようです。

”年収1000万円稼いでいる”という自負もあり、将来設計も甘くなり貯金も全くできていないという人も少なからずいるようです。

1000万円以上稼ぐ人は日本の中でも3.9%、20代に限定すると1000万稼ぐ人は1%に満たないそうです。

そのため年収1000万円に到達すると驕る(おごる)気持ちが出てきてしまうのでしょう。

しかし例え収入が上がったとしても堅実にお金を管理していくことが大切です。

その気持ちさえあれば、貯金もしっかり貯めることができるので心に余裕がある生活を送ることができるでしょう。

この記事がみなさんのお役に立てたなら幸いです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

    年収1000万の生活は苦しい?年収1000万の生活レベルについて。

このページの先頭へ