年収1000万で家賃はいくら位がベストなの?


917

年収が上がってくると住んでいる家もランクアップしたくなりますよね。

年収1000万円稼げるようになったら、家賃はどの位を上限とするのが良いのでしょうか。

今回は年収1000万円稼ぐ人たちにとって家賃はいくら位がベストなのか調べてみました!

スポンサーリンク

年収1000万円の人は家賃の上限はいくら位が理想?

年収1000万円を稼ぐ人たちの中でも家は豪華なタワーマンションなどに住みたい人から、家自体にこだわりがない人まで様々です。

そのため1000万円を稼いでいても月4万円の◯◯荘と名がつくアパートに住み続ける人もいれば、月30〜50万円のタワーマンション高層階に住んでいる人もいます。

日本経済が好景気だった時代は家賃は収入の3分の1に収めると良いと言われていました。

しかしリーマンショック以降、景気の下降が続いているため家賃が収入の30%を超えると家計はかなり圧迫されてきます。

今の景気の状態では年収の20〜25%を上限に家賃を検討すると良いでしょう。

年収1000万円の人の場合は、16万円から20万円くらいが家賃の上限になります。

もちろん人によって生活スタイルは異なるため、家以外にあまりお金を使わないという人はもう少し家賃を上げても家計に影響しないかもしれません。

しかし年収が上がっても”家賃は低ければ低いに越したことはない”という事実を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

年収1000万円の人の都内の家賃相場

口コミサイトの情報を収集すると、年収で1000万円もらっている人の都内での家賃相場はだいたい15万から20万円位になります。

家賃補填が出る会社の場合は、家賃30万円以上の家に5万から10万円くらいで住んでいる方もいます。

HOMESの調査によると年収1000万円クラスの人たちは賃貸ではなくマンションや一戸建てを購入する傾向があるようです。

そして都内だと利便性の良いエリアの50〜70平米のタワーマンションあたりが好まれるようです。

年収1000万円の人の手取り額は、実質650〜720万円です。

つまり月に使えるお金は54万〜60万円くらいになります。

しかし『年収1000万円の生活は苦しい?』の記事で紹介した通り、年収1000万円は格別裕福な状況ではないようです。

そのため家賃は20万以内に抑えるのが賢明かもしれません。

さいごに

年収1000万円はひとつの収入の目標額になるかと思います。

家賃は20万円以内が理想ですが、それ以上の家賃のところを狙う場合はもうひと越え収入が欲しいところです。

国税庁の平成25年分の「民間給与実態統計調査」をみると、年収1000万円以上の人は全体の3.9%になります。

そして20代に限ると年収1000万円稼いでいる人は1%に満たないそうです。

つまり家賃20万円を払える人はかなり限られているということです。

こういう家に住みたい!という目標を持って、仕事に励むのも良いかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    年収1000万で家賃はいくら位がベストなの?

このページの先頭へ