経済的自由人とは?【経済的自由人の意味や経済的自由人になる方法】


55

自己啓発本やビジネス書を読むと、経済的自由人というキーワードをしばし目にすると思います。

経済的自由人という言葉を聞いて、なんとな〜く良さそうだなと感じることでしょう。

経済的自由人とは具体的にはどのような人のことを指すのでしょうか。

今回は経済的自由人について調べてみました!

スポンサーリンク

経済的自由人とは?

経済的自由人とは、お金の制限を受けずに好きなことを好きなときに行える人のことを指します。

『明日ハワイに行きたいな〜』と思っても、会社に勤めているサラリーマンの人たちにとって現実的に実行することは難しいですよね。

しかし、経済的自由人となった人たちは、やりたい!と思ったことをすぐに実行することが可能です。

ハワイでもドバイでも、思い立ったらすぐに行くことができるのです。

多くの人は、お金を稼ぐために仕事をしています。

しかし、経済的自由人の人は”お金のために仕事をする”という概念を持ち合わせていません。

やりたいことで社会に貢献し、お金を得ているのです。

このように経済的自由人とは、お金から心が解放されている人のことであるとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

経済的自由人になるには?

経済的自由人になりたいけど、実際どうやったら経済的自由人になれるの?と思う人も多いことでしょう。

まず、経済的自由人になるためには、今の自分の状況を知ることが大切です。

『金持ち父さん、貧乏父さん』などの著書で知られるロバートキヨサキさんによると、すべての人は以下の4つの区別のうちいずれかに所属しているそうです。

:従業員(サラリーマンなど/大半の人が属している)

:自営業者(クリエイターなど/一人で全てこなしている)

:投資家(株主など/お金を使ってお金を稼いでいる)

:ビジネスオーナー(歌手や不動産経営など/権利などで収入を得ている)

この4つの区分のうち、3と4に関わることを行うことで、経済的自由人へ近づくと言われています。

1と2に属する人たちは、自分の時間や労力をお金と交換しています。

つまり、自分が動き続けなければお金を手にすることができません。

しかし3と4に属する人たちは、自分自身ではなく自分が持っている権利などによってお金を生んでいます。

経済的自由人になりたいならば、今現在1と2に属している人は3と4の区分へと移行していく必要があります。

さいごに

経済的自由人になるためには、自分の稼働力ではなく権利を増やしていく必要があります。

このサイトでは、ビジネスオーナーや投資家などになるために必要な知識を紹介しています。

ぜひ、みなさんの経済的自由人への道に『ALMOND HILLS/アーモンドヒルズ』を活用してくださいね。

この記事がみなさんの経済的自由への入り口となれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    経済的自由人とは?【経済的自由人の意味や経済的自由人になる方法】

このページの先頭へ