会社四季報とは?発売日はいつ?


86861

株の勉強をしていると”会社四季報”という言葉を目にすると思います。

しかし会社四季報とはどんなことが書かれている出版物なのでしょうか。

また、いつが発売日なのでしょうか。

今回は会社四季報について詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

会社四季報とは?

会社四季報とは、上場している企業の情報が詰まった企業辞典のことです。

東洋経済新報社が年に4回発行しており、株主構成や財務データなどの企業情報が1ページに2社づつ掲載されています。

3500社以上の企業情報が掲載されているため、辞書のように活用することができます。

そして会社四季報は株式投資の銘柄選びの参考資料としてだけではなく、取引先の調査やマーケティング、そして就職情報としても利用されています。

企業独自の業績予想のほか、業界担当記者による業績予想なども掲載されているため、株式投資を行っている人たちにとっては銘柄選びのヒントが詰まった必須アイテムとして重宝されています。

会社四季報の発売日はいつ?

会社四季報は企業の四半期に合わせて、3、6、9、12月に発売されます。

日にちは毎号定まっている訳ではないようですが、15日前後に発売されています。

年間購読をすると地域によっては発売日よりも一日早く家に着くこともあるようです。

会社四季報の情報によって株価が変動することもあるため、早く届くと他の個人投資家の人たちよりも有利になります。

しかし、会社四季報は、紙媒体で購入すると2060円になります。

楽天証券などのオンライン証券の場合、口座開設をすると無料で会社四季報を閲覧することができるようです。

スポンサーリンク

会社四季報に掲載されている企業情報

会社四季報で得られる主な企業情報を紹介します。

・決算時期(本決済が行われる月)

・設立時期(会社が設立された年月)

・特色(事業内容や、業界内での企業ランクなど)

・関連事業(会社の部門別の売り上げの割合)

・本文(会社四季報の記者が取材で得た情報)

・会社概要(住所やURL、取引先銀行など)

・チャート(過去4年分の株価の動き)

・キャッシュフロー(会社の資金の流れ)

・有利子負債(会社の借金)

・株主(大株主など株所有者の概要)

・業績(会社の売り上げ成績)

その他にも企業の詳細なデータ情報が掲載されています。

さいごに

会社四季報は、企業の情報が詰まったガイドブックです。

株のトレーダーにとっては必須のアイテムと言えるでしょう。

会社四季報によって株価が変動することを”四季報相場”と呼ぶそうです。

これから株をはじめる人は、ぜひ会社四季報の読み方をマスターしていきましょう^^

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

    会社四季報とは?発売日はいつ?

このページの先頭へ